スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

夏雪 那有多ルート

 2011-08-06
※ネタバレあり
※18歳未満にはふさわしくない内容が含まれます
記憶の上塗りではなく、記憶と向き合い残すこと。
悲しい結末を迎えた場合、それはつらくてとても難しいことですが、ナユナユはそれとしっかり闘おうとした。そして葛もちゃんと向き合えた。ナユナユがいたから、葛がいたから。それは依存ではなく、二人の深い結びつきとお互いを想う気持ち。すべてが夏ねーちゃんからはじまり、夏ねーちゃんが与えてくれたもの。今回は、「夏雪がいなくなった世界」でしたが、夏雪が何を残していったのか、残された者たちはどう向き合うのかが描かれてました。切ないけど、美しい話だったと思います。ナユナユが木の前で祈るシーンは感動したし、何より二人が結婚した後のナユナユ!ああいう暖かい世界はものすごく好きです。子供の名前を夏雪にしたのは予想できたけど、いなくなってしまった大切な人の存在は、大切だと思う人たちによって受け継がれていくことはとても素敵なことだと思いました。そんな人間になりたいなぁ…そして夏ねーちゃんが残していった日記。夏ねーちゃんの想い…夏ねーちゃんのぬくもりからだいぶ離れていたときにあの夏ねーちゃんらしい言葉を読んで、とても切なかった。人を好きにならない決意とか、そんなこと考えてたんだなーと、それでも葛や出会った人たちのことを一番に考えてるところがやっぱり夏ねーちゃんで、なんとも言えない気分でした。ナユナユと葛はきっと夏ねーちゃんのやさしさと強さを受け継いでいくことでしょう。ナユナユのまっすぐで山よりも高く海よりも深い愛が感じられるシナリオでした。その熱心さがえっちなほうにいくとああなるんですね。それもおもしろかった。


夏雪-summer snow-夏雪-summer snow-
(2011/06/03)
Windows

商品詳細を見る
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://solarebi.blog98.fc2.com/tb.php/61-7b80efda
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。